BOOK



Selected Papers


1) 田中俊徳・蕭閎偉(2021)台湾・玉山国立公園における玉山登山道の利用ルールと実施構造に関する研究「人間と環境」47(1), 2-15

2) 田中俊徳(2020)生物多様性と自然保護:世界遺産条約を中心として「環境法政策学会誌」23, 83-89

3) Tanaka T (2019) Governance for Protected Areas "beyond the boundary" - A conceptual framework for biodiversity conservation in the Anthropocene. In Lim M. (Eds) Charting Environmental Law Futures in the Anthropocene, 71-79. Springer.

4) 田中俊徳(2018)自然保護官僚の研究:技術官僚論に対する新たな視座「年報行政研究」53, 142-162

5) Tanaka T and Wakamatsu N (2018) Analysis of the Governance Structures in Japan's Biosphere Reserves: Perspectives from Bottom-Up and Multilevel Characteristics, Environmental Management 61 (1), 155-170

6) 田中俊徳(2017-2018) 国立公園行政史の研究(1)-(5)「國立公園」757-761(連載)

7) 田中俊徳・酒井章子編著(2017)「森林環境2017:森のめぐみと生物文化多様性」森林文化協会

8) Havas J, Saito O, Hanaki K, Tanaka T (2016) Perceived Landscape Values in the Ogasawara Islands, Ecosystem Services 18, 130-140

9) 田中俊徳(2016)ラムサール条約の国内実施における意思決定構造と情報共有の枠組み:公私協働ネットワークと部分社会ルールに着目して「人間と環境」42(1), 2-16

10) 田中俊徳(2016)国際的な自然保護制度を対象とした国内ネットワークの比較研究‐世界遺産条約、ラムサール条約、ユネスコMAB計画、世界ジオパークネットワーク‐「日本生態学会誌」66(1), 155-164

11) 田中俊徳(2015-2017)自然環境政策の最先端を探る(1)-(24)「グリーン・パワー」440-463 (連載)

12) 田中俊徳(2014)「弱い地域制」を超えて:21世紀の国立公園ガバナンスを展望する「ランドスケープ研究」75(3), 226-229

13) Tanaka T (2014) Implementing Sustainable Tourism in Complex Situations: A Case Study of Minami-jima in Ogasawara Islands, UNESCO World Heritage Paper Series 38, 68-75

14) 田中俊徳(2014)自然観光資源の管理をめぐる順応的ガバナンスの研究:知床五湖利用調整地区導入における合意形成過程の事例「人間と環境」40 (3), 20-36

15) Khew JYT, Yokohari M, Tanaka T (2014) Public Perception of Nature and Landscape Preference in Singapore, Human Ecology 42 (6), 979-988

16) 田中俊徳(2012)ユネスコMAB計画の歴史的位置づけと国内実施における今後の展望「日本生態学会誌」62 (3), 393-399   

17) 田中俊徳(2012)世界遺産条約の特徴と動向・国内実施「新世代法政策学研究」18, 48-65

18) 田中俊徳(2012)弱い地域制としての日本の国立公園制度-行政部門における資源と権限の国際比較「新世代法政策学研究」17, 369-402

19) 田中俊徳(2010)自然保護行政から考える新しい政治-舵取り、政策統合、ガバナンス「季刊 政策・経営研究」13, 103-111

20) 田中俊徳(2009)世界遺産条約におけるグローバル・ストラテジーの運用と課題「人間と環境」35 (1), 3-11

Lectures


Introductions



研究者情報